腹筋を鍛えて便秘を解消!トイレに行く癖をつけよう

毎回便秘薬で、辛い思いをして便秘を解消するのは嫌ですよね。お薬の力で出すのなら、対処療法でしかないです。だってまた食事をとれば便はたまるのですから。

良い便をつくるには

便とは何でしょうか。
私たちの食べた食事のカスです。ということは食べたものがそのまま影響します。まずは普段の食事に便のカサ増しをして、便を出しやすくしましょう。カサ増しする材料は、ズバリ食物繊維です。

seni

食物繊維といわれるとごぼうとかれんこんとか、ちょっと調理に面倒な食材を連想しがちですが、もっとお手軽な、おいしいものがありますよ。それはバナナ!これなら、皮をむくだけです。

ほかにもキウイやりんごも食物繊維が多いですが、価格も安定していて、手でむくだけのバナナがオススメです。併せてヨーグルトも食べるといいですよ。ヨーグルトは大腸の善玉菌を増やすことになるし、バナナに含まれるオリゴ糖は善玉菌のえさになるので、バツグンの組み合わせです。また、無脂肪砂糖なしのヨーグルトでもバナナを入れて食べればおいしいですよ。

腹筋を鍛える

kin

なにもムキムキの6パックになろう。ということではありません。便を出すときに1番力を入れるのはどこですか?お腹です。

排便をしっかりするためには、最低限の筋力が必要です。

私の娘が小さい頃の話ですが、便秘が原因でお腹が痛い。と小児科を受診。下剤を出すのはかわいそうだと、その場で浣腸をしてもらいました。でも、何かが詰まっていて、それを取り除いたわけではなく、普通に生活していて便秘になったのだから、また便秘になる可能性があります。と、先生に言われました。

そこでS字結腸を意識して強めにマッサージする事とマッサージしている時に、たまに子供にお母さんの手をお腹に力を入れて押し返す練習をしてみてください。と教えてもらいました。何回か試すと、「お腹があったかくて気持ちいい〜。」と言って、自分でお腹をさすりながら、用を足す事が出来るようになりました。今、10歳ですが便秘知らずの娘です。

トイレに行く癖をつけよう

条件反射って意外とあるんです。病院でいきなり、「お小水取って来てください。」といわれ、(え〜、さっきしちゃったよ〜。)と思っても、トイレに行くと、意外と出るんです。量が少なくても。

なので、朝起きた時、夜寝る前など、便意がなくてもトイレで試してみる習慣をつけましょう。

これで便秘薬の常備とはオサラバしたいですね。